社業発展を通して地域づくりに貢献する企業

TEL.0156-25-2353

〒089-3716 足寄郡足寄町南6条4丁目62番地

ニュース

本社花壇整備

5月31日に本社花壇整備が行われました。

5月末とはいえ、少し暑い日が多くなって参りましたので

熱中症等に気を付けつけながら、心を込めて植栽致しました。

歩道を綺麗に彩る花が咲いてくれるのを楽しみにしております。

春季安全大会が行われました。

4月25日に春季安全大会を行いました。

今回も昨年の秋季同様、外部講師の保健師様から食生活及び生活習慣に

関する講演をして頂きました。日々の運動が少ない分、食生活の部分で

身体への配慮を怠らないよう気を付けたいものです。

続いて、NTT東日本様からは通信設備事故防止に関する講演をして頂き

した。事故が起きると施工会社だけでなく、近隣住民の方々への影響

ども再確認し、施工時の周囲安全確認をより一層徹底する必要性を

しました。

また、関連会社様より今年度の安全管理重点項目発表も行われました。

同じ建設産業として情報共有し、安全管理の徹底を心掛けていきます。

最後に弊社若手社員からの安全宣言を行い、社員一丸となって安全第一で

これからの業務に励みましょう!

卒業式及び入学式がありました。

札幌工科専門学校に通っていた2名の卒業式、

大原簿記情報専門学校で通っていた1名の卒業式、

新たに札幌工科専門学校へ通う1名の入学式といった各行事がありました。

卒業した3名は、在学中に勉強・私生活(一回りお腹の大きくなった者 😯 )

ともに充実していたようで一安心致しました。

学校で学んで来たことを、日々の業務へ生かせるよう頑張って下さい!

また、これから入学する1名には体型を維持しつつ、

やるときはやる、息を抜くときはしっかりと抜くなど

メリハリをつけて頑張ってきてください 😉

P.S.恵まれた環境の中で業務に励めることに日々感謝の気持ちを忘れないようにしたいものです。

おかえりなさい!

先日、バングラデシュのチッタゴンへ海外出向していた藤井君が無事
帰国しました。
約1年半に渡り、言葉も労働環境も全く違う別な国での経験はこれから
の人生にとって大きな糧となると思います。
帰国した姿を一目見て、出向前より見違えるように立派になっていまし
た。単に日焼けのせいではないと思いますが(笑)

『海外駐在ということで、色々な経験ができ、人として成長出来たと
 思っています。大勢いる中、アウェーな環境で仕事出来たという事
 が自分にとって大きい経験だと思います。』と、本人談。

弊社としても初の海外出向でしたが、経営理念のひとつでもある「建設
業という仕事を通して社員が人間として正しく成長する事」を願い、快
く送り出してきました。

本人も語っていますが、人間としての成長を今後の仕事でも発揮して、
更なる活躍を期待しています。

おかえりなさい!






優秀現場代理人表彰式

12月26日の「帯広建設管理部  優秀現場代理人表彰式」において、

当社から1名「優秀現場代理人 感謝状」を頂きました。

これからの更なる活躍に期待しています。

おめでとうございます。

 

餅つき大会(仙美里保育所)

12月19日に、本別町の仙美里保育所で餅つき大会を行いました。

仙美里保育所の園児と協力し合いながら餅をつき、お昼に全員で美味しく食べました。

お餅の味は、醤油、あんこ、きな粉、納豆味を作って食べたのですが、

個人的に納豆味が1番美味しかったです。

これからも、伝統的な日本文化を現代の子供たちに伝えていける活動を、継続出来るように頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

平成30年度 建設部工事等優秀者表彰伝達式

12月12日に開催された、「帯広建設管理部 建設部工事等優秀者表彰伝達式」において、

建設部工事等優秀者表彰を受賞しました。

当社は、平成29年度における建設部発注の工事で、施工成績等が他に比して優秀であった事より表彰を受けました。

 

 

 

安全パトロール その2

 

安全パトロールの様子を引き続きご紹介します。

陸別町で管水路工事が行われている現場です。

一枚目に写っている施設は、放牧牛が飲む水の貯水タンクです。

他の写真は、周りの景色がすばらしく思わず撮ってしまいました。

 

工事は最盛期を迎えて忙しさを増していますが、安全第一で作業を

進めているのがわかりました。工事終了まで継続をお願いします。

 

 

 

 

 

安全パトロール その1

 

毎月行っている、安全パトロールの様子を一部ご紹介します。

当社では道路維持工事を行っております。

除雪や清掃の他に、道路の周囲にあるものの点検も含まれます。

写真は道路の真上にある標識の点検です。

この赤白の矢印は長さがなんと1.2mもあります。

高さは5.0mも上にあります。

遠くから見ると小さく感じますが、近くで見ると大きいですね。

普段は気にしませんが、降雪等で道路が見えなくなった時に

機能できるよう、日々点検・補修を行っています。

 

 

【帯広三条高等学校】インターンシップ

 

9月21日に帯広三条高等学校の生徒7名が、28年災害の復旧工事

(清水町)3現場の見学に来ました。

災害復旧とはどのようなものかを知ってもらうために、土のう作成や

防工法の実技を体験しました。

この体験を通じて、建設産業が世の中で果たしている役割の大きさ

仕事のやりがい、カッコ良さを1人でも多くの方に興味を持ってもら

い、将来の力強い建設産業の担い手として活躍していただければ嬉し

です。