社業発展を通して地域づくりに貢献する企業

TEL.0156-25-2353

〒089-3716 足寄郡足寄町南6条4丁目62番地

ニュース

感謝状を頂きました

昨年の「台風第19号に係る災害対応支援活動」及び「利別川水質

事故処理支援活動」により、帯広開発建設部長より感謝状を贈呈さ

れました。

日頃より地域において社会貢献活動等を行っている中、このような

感謝状を頂くことは大変ありがたいことです。

これからも地域のためにしっかり貢献していきたいと思います。

 

餅つき会(足寄町認定こども園どんぐり)

1月8日に足寄町認定こども園どんぐりで餅つき会を行いました。

地域の子どもたちへ日本の伝統文化を知ってもらう良い機会として、

当社からは9人が協力員として参加致しました。

また、活動後には大型絵本の購入費を寄付させて頂きました。

今後も建設業を通し、地域に寄り添っていく企業を目指して参ります。

 

 

帯広建設管理部より優秀現場代理人感謝状を頂きました。

12月26日に行われた「優秀現場代理人等表彰式」において、

当社から1名、優秀現場代理人として「感謝状」を頂きました。

平成28年度の災害復旧工事が対象となりました。

工事担当者及び関係者の皆様の成果により受賞できました。

これからの更なる活躍に期待しています。

おめでとうございます。

 

寄付型自動販売機を設置致しました。

この度当社では、売上金の一部を犯罪被害者に支援活動を

行う団体資金に充てる「寄付型自動販売機」を設置いたしました。

地域や団体への支援活動の一環として行った自動販売機の設置ですが、

十勝毎日新聞にも記事として取り上げて頂きました。

寄付型自動販売機の設置に関する記事【十勝毎日新聞】

↑クリックすると記事が表示されます

当社が経営理念として掲げている中に、

「社業発展を通して地域づくりに貢献する事」というものがありますが、

今後も建設業という仕事を通じて様々な場面で、地域に貢献し、

信頼される会社を目指していきます。

 

 

地域貢献(利別川5工区)

11月26日(火)に足寄高等学校にて、

施設改修の地域貢献活動を行い、感謝状を頂きました。

足寄高等学校の生徒さん達と校舎外にあるタイルの張替えを行いました。

地域に寄り添う企業として、活動を通して交流を深めていけるように、

これからも積極的に取り組みます。

また、これからの時期は工事追込み期、冬期間となりますので、

社員一同より一層気を引き締め、安全第一・健康第一で

現場の施工に努めていきます。

 

 

 

秋季安全大会

9月20日に秋季安全大会を行いました。

今年は外部講師として、建設業労働災害防止協会及び

帯広労働基準監督署から講師2名を派遣して頂きました。

頻発している重機による労働災害などの事例を含めた講話を

して頂きました。

これからの季節は降雨・降雪等による工程遅延、又建設工事

追い込み期となり年末・年始に向けて焦りが生じることもありますが、

社員一同より一層気を引き締めて、現場の施工に努めていきます。

 

ペンケオタソイ川砂防工事(途中経過)

 

現在施工中の「ペンケオタソイ川砂防工事」です。

10月1日より全国労働衛生週間が始まりましたので、社長メッセージ

発表のため朝礼に入り、その後パトロールを行いました。

 

 

下記に、以前パトロールを行った際の写真と比較します。

 

 

上が8月に撮影した物で、下が10月に撮影した物となります。

以前に比べ、施工が進んでいることがわかります。

これからの時期は、降雨・降雪等による工程遅延が発生したり、

年末に向けての追い込み期となっていき、施工に焦りが生じたり

しますが、社員一同より一層気を引き締めて、

現場の施工に努めていきます。

帯広開発建設部より部長表彰を受賞致しました。

7月29日に行われた「北海道開発局優良工事等表彰」において、

先日の「局長表彰」に続き、「部長表彰」を受賞致しました。

おめでとうございます。

こちらも、工事担当者及び関係者の皆様の成果により受賞できました。

大変お疲れさまでした。また次回も受賞できますよう、これからも

一層のご活躍を期待しております。

北海道開発局より局長表彰を受賞致しました。

7月26日に行われた「北海道開発局優良工事等表彰式」において、

「局長表彰」を受賞致しました。

おめでとうございます。

工事担当者及び関係者の皆様の成果により受賞できました。

大変お疲れさまでした。また次回も受賞できますよう、これからも

一層のご活躍を期待しております。

 

ペンケオタソイ川砂防工事(工事概要)

当社受注のペンケオタソイ川砂防工事の工事概要についてです。

平成28年の台風上陸時に、砂防ダムの排水機能以上に川の水が

入ってくる流量が多く、水が氾濫してしまう事態となりました。

これらの経緯から砂防の厚さを増し、且つスリット化することにより

流木等を堰き止め、水だけがスムーズに流れる砂防工事を行っています。

こうした地道な対策により、周辺地域への影響を抑えるため

日々安全に現場の施工を行っていきます。

   ← 赤い線まで水量が増しました。